PAGE TOP

いい物件は、勇気をもって作り出す!?

2018.06.21

最近、スタッフのK君が物件探しをしています。

この前、「谷本さん、業者を回ったり、レインズを見たり、もちろん色んなポータルサイトでも物件探しをしてますが、今の時期、いい物件なんてないですね・・・。」と相談を受けました。

K君に限らず、不動産投資をされたい方からいただく質問でもっとも多いのが、この「物件探し」についてです。

不動産投資ノウハウでは、

  • 業者と関係を作って、優先的に物件を紹介してもらえるようにする!

  • ローンがつく客と認識させ、物件を優先的に回してもらう!

といったものがあり、もちろんこれは王道なやり方で、絶対的に行うべきものです。

しかしこれ以外にも、すぐに、そして誰にでもできる不動産購入ノウハウは、お宝物件を作ってしまうというやり方だと考えています。

具体的には、単に「価格交渉する」というものです。

「なんだ、そんなことか。そんなの日常的にやってるよ!」というのであれば、すいません。

でも、現場にいて感じるのは、そのように価格交渉をされている方って、意外に少ない、ということです。

物件によく資料請求をされてくる方がいます。

何回か目にしていると、自然とその方の名前などを覚えます。

でも、こういう方って、毎回資料請求するだけの資料請求マニアになってしまっているんですよね。

「100万でも200万でも、試しに価格交渉してみたらいいのに。。。」と逆に言いたくなります。

また、「500万円ぐらい下がりますか?」というように言われたりもしますが、そこから具体的な数字で買い付けを入れていかれる方は、さらに少ないです。

「売主さんにぶつけてみないと分からないって教えてあげてるのだから、自分の気持ちをぶつけてみたらいいのに・・・。」と不思議になります。

もっとも、買い付けを入れたからと言って、価格交渉がすんなり通るとは限りません。

むしろ、価格交渉なんて、成立しないことがほとんどです。

自分も不動産投資の駆け出しのときは、むちゃな価格交渉をしてきたなと思い出します。

「実は、自己資金がこれだけしかなくて、来月分の給料を前借りしても、これだけしか出せません。ローン金額も決まってしまってるんで、お願いです、この価格で譲ってください。」

みたいな、売主さんにとって何の関係もないような的外れな交渉をしていました。

たまたま売主さんを目の前に交渉できる機会があって、そんなことを言ったら、目の前で吹き出されて、笑って、「いいよ、その価格で。頑張ってね。」と言われたことがあり、その時の売主さんには本当に感謝しています。

ですのでK君にも、ダメもとで、半額になりませんか?って言って歩いてみなよ、とアドバイスしました。

そう、普通な物件でも、万が一価格が半額にでもなってしまえば、その途端にお宝物件に早変わり!?してしまうこともあるのですよね。

まあ、ほとんど玉砕だと思いますが。。。(^^;

あとは、買い付けを入れる際、ローン特約なしっていうのも、いけるようだったら試してみて、ともアドバイスしました。

無責任極まりないといわれてしまえばそれまでですが、

  • 長期間売れ残っている物件

  • 仲介会社も、売れなくて正直ウンザリしてる物件

などにぶち当たれば、意外にすっと価格交渉が通ることもままあります。

そもそも、今も昔も、お宝物件なんて市場にありません。

お宝物件は自分で作り出すという風に考えるのも、一つの買い方だと思っています。

まとめ:
勇気を出して価格交渉。失敗したって何もデメリットはない。お宝物件は自分の力で作り出そう!

今回は、物件の買い方について考えてみました。