PAGE TOP

地域で忘れ去られている物件にアタック!?

2018.07.05

スタッフK君がおもしろい物件を見つけてきました。

地域の不動産業者を足で回って紹介してもらった物件で、ずっと前から売りに出されていたようです。

レインズにも掲載されずに、ひっそりと町場の不動産会社の店頭に販売図面が貼られているような物件。

こういうのも、ある意味「川上」物件?と呼んでいいんでしょうかね。(^^

戸建で築古ですが、外観や内観の写真を見る限り、そんなに悪い物件には思えませんでした。

価格も数百万円。

しかし、K君が調べてきた事前情報では、排水が「汲み取り式」だということで、これが問題でずっと売れ残っているようでした。

浄化槽ならわかるのですが、こんな都心部でまだ汲み取り式があることにびっくりしました。

しかし、そのエリアでは当該物件以外もみんな汲み取り式とのこと。

もちろん、そんな近隣の住宅にも人は住んでいるので、家賃設定を間違わなければ、埋まっていくのかなとは思いました。

このような物件でも、長期間売れ残っているということは、大きな価格交渉をできる可能性があります。

だって、売り主さんはもちろんですが、仲介する不動産会社だって、いい加減、手離れしたいと考えていますものね。

あと、このような物件は公庫に持ち込みやすいです。

もともと、古い戸建は土地値で買えることが多く、評価割れしにくいのがその特徴。

公庫の担保評価は、評価割れしていなければ満額の融資がでることが経験的に分かっています。

融資期間は10年程度になるのかもしれませんが、そもそもが少額なので、あまり大きなリスクにはなりません。

スタッフT君は、汲み取り式なため、臭いやそれだけで入居にならないことを心配しているようでしたが、現地確認をしてみれば、そもそも最新技術?で、バキューム時にも特に臭わない、ということもあるかもしれません。

T君からの現地調査報告を楽しみに待ちたいと思います!

まとめ:
地域で忘れ去られているような物件を探すのも一つの手!?

今回は、投資物件の検索方法などについてお話ししました。